クレジットの審査って何をしてるの?

クレジットカードを作るとき、必ず審査がありますよね。時間がかかるものから、ほんの30分程度の与信で済むこともあります。クレジットの審査って、一体何を調べているのでしょうか。

ちょっと聞いたところによると、過去に審査に落ちた経歴がないかとか、滞納履歴がないかどうかなどを調べているみたいですね。その辺の情報は、カード会社で共有されるらしく、ばれてしまうのです。履歴のある人は、当然審査に通りにくくなります。

後は、カード会社によって、年収や職種、役職など、カード発行の基準があるのでしょう。会員を集めたいときは、審査がゆるくなるという噂もありますね。

それが証拠に、デパートなどで募集をしている場合、与信はかなり短時間で終了します。しかも、たくさんのお客さんの与信を一気に行うわけです。となると、厳密に審査するためには、かなりの人件費がかかってしまいますね。ということで、おそらく最低限の項目をチェックしているのでしょう。

その辺りを踏まえると、簡単に審査を通過する方法が見えてきそうです。クレジットカードを作るときには、ちょっとだけ思い出してみて下さい。

総量規制対象外になるのは?

消費者金融系のローンなどは、以前にいろいろとトラブルの元になってきました。
他のところではお金を借りることも出来なくなっている人に、高利でお金を貸すようにして、最終的にその人の全て人生を壊してしまうということも多くはありませんが、実際に生じていた問題です。
そんな状態を回避するために、国が法律を整えたのが、総量規制対象というものです。

お金を借りる人が、無制限に高額の借金をしないように規制をするためのもので、年収の三分の一以上のお金を借りることができないということになりました。
しかし、この制度はあくまで消費者金融系のところに適用されますので、銀行系のカードローンなどには適用されることはありませんので、こうしたカードローンなどでは総量規制対象外という言葉が使われています。

特に住宅ローンなどを組むときには、こうした制限があれば誰も家を建てることができなくなりますが、こうしたローンには総量規制対象というルールは適用されることがありません。
こうした制度を避けるために、幾つかの消費者金融系のカードローンは銀行と提携することによって、自社のカードも総量規制対象外にしたというところもあります。

即日借入れの一時的なものでは住宅ローンは賄えない

私は結婚した後、夫婦二人で住宅ローンを組んで今の住居を購入しました。最初は結婚生活もうまくいってましたが、その後離婚するということとなりました。協議の結果、住宅ローンの名義はそのままにして今の住居には私が住み続けるということとなりました。夫からの慰謝料と私も働いていましたので返済は可能であると考えていたのです。

しかし、最近になって夫からの慰謝料の支払いが滞るようになりました。私は派遣社員として働いていましたので、その収入だけではなかなか住宅ローンの返済まではお金がまわせず、最終的に6ヶ月ほど滞納してしまいました。即日借り入れなどのキャッシングも考えましたがローンが通るかわからなくて、専門家の方に相談したところ、住宅ローンを組んだ時の抵当権がついたままでは住宅の売却はできないので、任意売却によって住宅を売却し、その代金で返済をすることを勧められました。

任意売却をやられている業者の方を紹介していただき、金融機関や買主との交渉の上で高額で売却することができました。さらに交渉の結果、任意売却では債務は免責されませんが住宅を売却しただけでは返済しきれなかった残債務も元夫が負担するということとなりました。任意売却をしたことによって借金から解放されていまではホッとしています。

銀行カード&フリーローンおまとめで金利を減らす方法って?

複数のカードローン会社から借り入れを行っている場合、これを一社にまとめる借り換え事によって金利を減らせる場合があるとご存知でしょうか。銀行カード&フリーローンおまとめで金利を減らす方法はこのことなんですよ。

金利が減れば、返済総額も減らせて支払いが楽になるのは当然ですので、現在複数社に返済を行っている方にとっては嬉しいお話だと思います。

とは言え、借り換えをして金利が減るというのはどういった原理なのでしょうか。仕組みがよくわからないと不安だと思いますので、こちらで具体的な例だと、

現在2社のカードローン会社からそれぞれ100万円、50万円の借り入れを行っていると仮定します。金利というのは借り入れ金額によって変動しますので、この場合ですと100万円の借り入れに対しては15万円、50万円の借り入れに対しては9万円の利息がつきます。

10万円未満の借り入れの場合は20%(上限利率)、10万円から100万円までには18%(上限利率)、100万円以上には15%(上限利率)というように、借り入れ金額が大きいほど金利は低くなっていきます。

上記のケースですと2社から合計で150万円借りて利息は24万円となります。これを借り換えにより一社にまとめたとします。150万円の借り入れには金利は15%が適用されるので、利息は225,000円となるんだそうです。うーん。考えてしまいますね。

おまとめローンだけじゃなくローン関連の詳細な情報についてはカードローンの即日融資できる情報サイト、カードローンなうがわかりやすかったです。

→ http://www.barra-r.com/

子供を通わせるなら 国語力 学習塾 がいいなぁ

うちの子供が通う小学校では毎日宿題は出るので、夕飯を食べた後に宿題をやっています。

その様子を毎日みているのですが、どんどん難しくなっていくのでわからなくて手が止まってしまうことが増えてきました。

説明してあげるとわかるんだけど、問題の意味がわからなかったりするので、国語以外でも国語力がないと他の教科もついていくのは大変になってしまうんですね。

だから国語力って重要なので、いつか子供を塾に通わせる時には 国語力 学習塾 を選びたいと思っています。

国語力がアップする塾といっても口コミで探すしかないのかなぁ?

うちの家の近所ではありませんが、西東京市にある“まめの木塾”は国語力が身に付く塾で有名です。

西東京市まで通えないという人にはFAX通信講座があります。

中学受験生、高校受験生が対象になりますが、通信講座では繰り返し日常的な勉強の習慣がつき、読解力をアップさせることができます。

体験授業も行っているので、まずは体験してみるといいかもしれませんね。

 

多重債務者はおまとめローンで卒業する

たくさんの借金を抱え、月に何度も支払日を迎え、支払いのために借金を繰り返す「多重債務者」はおまとめローンで卒業しましょう。
おまとめローンのメリットは、複数の借金を一本化することで支払日の回数を減らし、また、より低金利となる大きな額を借入れることで借金総額を圧縮することができます。
最近では多くの金融機関がこのおまとめローン商品を扱うようになりました。
それでは、今人気のおまとめローン商品はどんなものがあるのかご紹介したいと思います!
やはりおまとめローンは銀行系のものが人気のようで、オリックス銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、東京スター銀行、みず ほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ、楽天銀行などの大手商品が人気のようです。
たしかにおまとめするには大きな額を借りることになるので、できれば銀行の商品を選びたいですよね。
今挙げたおまとめローンの他にも、おすすめの商品はたくさんあります。
ぜひいろいろ見比べて、自分に一番合ったおまとめローンを選んでくださいね。
多重債務者はおまとめローンでおさらばしましょう!